静岡の緑内障治療に力を入れている眼科に通っています

40歳ころから定期検査を受け40代後半で緑内障に

昔から視力はよかったが身内が緑内障で不安はあった / 40歳ころから定期検査を受け40代後半で緑内障に / 静岡の眼科で点眼治療と検査をしており安心して過ごせる

早期発見が出来て治療を早く行うことが出来れば、失明する可能性を限りなく低くすることが出来るということなので、すぐにでも検査したい気持ちになりました。
この時の検査の結果は異常がありませんでしたが、念のため1年に1回は眼底検査と視野検査を行ったほうが良いと言われました。
これからどんどん年齢も上がっていくと、より発症するリスクが高まると説明されました。
それからは年に1度は検査を受けるようになり、40代の後半を迎えると遂に緑内障の可能性があると言われてしまいました。
ショックな気持ちもありましたが、近親者にもいましたし長年検査を受けてきたので冷静に受け止めることが出来ました。

今日は眼科に行った。
緑内障の目薬は真面目に使っていたが、前回の検診からかなり日が経っていた…これはよくない。

次回はちゃんと2か月後に行こう。

— 岡崎 凛 (@okazakiring) March 28, 2020
むしろ早く分かって良かったという思いもありました。
検査をしていなければ自覚症状が全くないので、どんどん見過ごしてしまっているところでした。
医師によるとやはりごく早期の発見だということで、点眼薬で治療していくことになりました。
月に1度通院して様子を見ることになりましたが、症状が悪化していないことが確認できてホッとしています。
静岡の一般的な眼科に通っていますが医師は緑内障治療に力を入れていて、近隣の市町村だけではなく、遠方からも通ってきている人が多い眼科です。
診察の時は毎回丁寧に診てもらえますし、必ず「何か聞きたいことはありませんか」と聞いてもらえるので質問もしやすいです。