静岡の緑内障治療に力を入れている眼科に通っています

昔から視力はよかったが身内が緑内障で不安はあった

昔から視力はよかったが身内が緑内障で不安はあった / 40歳ころから定期検査を受け40代後半で緑内障に / 静岡の眼科で点眼治療と検査をしており安心して過ごせる

子どもの頃から視力が良く、眼鏡やコンタクトとは無縁の生活を送っていました。
けれど大学卒業後に就職した会社で、パソコンを使用して仕事をしていたせいか、どんどん視力が悪くなってきました。
20代の終わりに初めてコンタクトレンズを入れることにして、それまで通ったこともなかった眼科に通い始めました。
そんな時に気になっていたのが、緑内障のことです。
高校生の時に母親が緑内障と診断され、早くから点眼薬の治療を始めていました。
その後母方の祖父も同じ病気だと診断されました。
いつかは自分もそうなるのではないかという思いもあり、眼科に定期的に通っていましたが、結婚して出産をすると眼科に通うことも無くなっていました。

コンタクトレンズは通販でも購入することが出来ますし、眼科へは年に1度視力が変わってないかくらいしか通わなくなりました。
そうして40歳になるころ、結膜炎になったため久しぶりに眼科へ行きました。
そこで診察の時に久しぶりに視力を測ることにしたのですが、その時に医師に緑内障を患っている近親者がいるという話をしました。
近親者が患っていればリスクは高まるため、その場で眼圧も検査しました。
結果は視力も変化はなく、眼圧も正常値の範囲内でした。
けれど近親者が患っているということで、将来的に発症する可能性もあるため、眼底検査や視野検査を行い、詳しく検査をしてみることになりました。